風雲国民会議~日本国民・国土・政治を死守するOFF会

日本の国益、つまり国民・国土・政治を守るために微力ながら提言し、OFF会を主催するためのブログでございます。外国人参政権にはあの世に逝っても反対します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国士の条件―2

偽善なる愛国もどき

国士たる者、先駆け・尻がり(しんがり)を努めよとは前述申した。
http://nagihayanagihaya.blog11.fc2.com/blog-entry-2.html

賢明なる読者にはもうお気づきかと思う。
戦場で戦わない、いざ鎌倉、馳参じない輩。
そういう臆病者はもう戦争に賛成したり反対するのは、おやめなさい。

「憲法9条は改正しろー!」(でも、オイラは戦場には行かない・・・)
―――これは、偽善以外何物でもない。
何しろ他人様の子供に戦を押し付け、自らは臆病に戦場逃れ。
極めて人間として腐り切っている。
戦場逃れの自称保守・自称平和主義者の輩は、もう戦争・軍事に関して発言する資格は無し。
公人、すなわち議員や公務員はそもそも、国家防衛のために自ら戦場に出陣すべきである。
国家国民を裏切り、戦場から逃れるのは権力の一員としてあるまじき姿である。
法・憲法を変えて、総理大臣以下、中央も地方も、議員にも役人にも
三権全てに前線で戦う義務を課すべきである。

並びに民間でも軍事を論ずる者には戦場で戦う義務を課すべきである。
「自分は戦争には賛成だー」「いや反対だー」(でも戦場は自衛隊に任せます・・・)
死のリスクは他人に負わせ、好き放題発言する、この愚行。
こういう卑劣な行為は許されない。自衛隊を奴隷扱いするのは、隊員に対する人権侵害である。
戦争で死ぬのが嫌な臆病者は、ただひたすら
「自衛隊の皆様、義勇兵の皆様、どうか私どもをお守り下されー」
と叫び土下座すればよい。
そもそも戦争に賛否を唱える資格は無いのである。

これだけ書けば、まともな神経の持ち主は戦争について
みだりに口出ししなくなるだろう。
どうしても、口出ししたいなら、
自衛隊に入隊するなり戦場で義勇兵になるほかない

幕末や戦国時代と比べ、我々日本人は口先だけで行動が伴わない「人間の屑」や
趣味や仕事にだけ命を掛ける無知蒙昧・世間知らず
が増えたと言わざるを得ない。
人心は確実に急腐敗している。

戦争を論ずるなら、自ら体を動かし護身術の鍛錬並びに馬・バイク・車・船・飛行機など
乗りこなす訓練を本日から執り行なうよう
我が国の善男善女にはお願い申し上げる。
お体が不自由でも軍事に賛否を唱える方々は、大名の立花道雪や提督ネルソンを見習い這ってでも出陣すべきである。
スポンサーサイト

テーマ:自分の溢れ出る思想。 - ジャンル:モブログ

  1. 2009/12/27(日) 20:44:44|
  2. 国士・保守系の方々へ
  3. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。